セミナーインフォメーション

クリーンルームを実現する次世代セキュリティ

セキュリティを守るために「パッチ適用は迅速に」と言われるものの、実際には社内システムとの兼ね合いもあり、深刻な脆弱性に対応するパッチであっても、迅速に適用できない組織は少なくありません。また、POSや工場内ネットワークのように、そもそもパッチの適用を前提としていないシステムもあります。そのようにパッチを迅速に適用できないシステムでは、ネットワークそのものを「クリーンルーム」にする必要があります。クリーンルームとは、マルウェアができる限り入り込まないような防御と共に、入り込んでしまった場合に迅速な検知をできるようにする、という考え方です。
本セミナーでは、防御や検知のためのシステムと、そのセキュリティ運用の実現方法を解説いたします。ぜひ、ご参加ください。

三輪 信雄 氏
S&J株式会社 代表取締役
 
略歴
S&J代表取締役、総務省最高情報セキュリティアドバイザー
1995年より日本の情報セキュリティビジネスの先駆けとして事業を開始し、以降情報セキュリティ業界をリードしてきた。ITセキュリティだけでなく物理セキュリティについても知見があり、技術者から経営者目線まで広い視野を持つ。政府系委員も数多くこなし、各種表彰、著書・講演も多数。


 
 
基調講演:「クリーンルームの保ち方」
〜すり抜けてきたマルウェアの検知と対処〜
14:00〜14:50
企業を襲うサイバー攻撃は、標的型攻撃だけでなく多様化しています。特にワームは、新しい脅威として企業は対応を迫られています。高度な多層防御であってもすり抜けてくる様々な脅威に対しては、エンドポイントやネットワークにおける振舞いの監視が欠かせません。本講演では、防ぎきれない脅威の早期検知の仕組みと対処方法について解説します。
 
 
環境変化に後れをとらない企業のセキュリティ施策
15:00〜15:50
企業のセキュリティを保つには攻撃の高度化(外部環境)と社内の環境変化(内部環境)の二軸を考慮して行わなければなりません。環境変化が早くなる一方で多様な攻撃が増加し、企業のセキュリティレベルは相対的に劣化していきます。そのため、新しいセキュリティ対策のパラダイムが必要とされています。本セッションでは環境変化に後れをとらない、具体的なセキュリティ施策をご紹介します。
 
 
「万が一を想定したセキュリティ投資」
〜ファイア・アイだから提供できる標的型攻撃対策とは〜
16:00〜16:50
これまで企業のセキュリティ投資の多くは、「どのように攻撃を”検知”するか」に向けられていたのではないでしょうか。攻撃がどんどん高度化していく昨今、企業のセキュリティ投資に対する考え方も変革を求められています。これまでの「どのように攻撃を検知するか」に加えて、「万が一、検知できなかったらどうするか」、この回答をFireEyeだとどのように提示できるかについて、デモを交えて、説明します。

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

開催概要

日時 2017年 10月19日(木) 14:00〜17:00 (受付開始 13:30〜)  
会場
〒103-0027 東京都 中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー 4F
TEL : 03-3510-9236
https://www.bellesalle.co.jp/shisetsu/tokyo/bs_nihonbashi
参加費  
定員 70名 
対象 企業の情報セキュリティ運用のご担当者様、企業の情報セキュリティ運用の統括マネージャー様 
共催
共催 S&J株式会社 マクニカネットワークス株式会社 ファイア・アイ株式会社
協賛
アジェンダ ■カンファレンスプログラム 注)カンファレンスプログラムは、予告なしに変更となる可能性があります。

13:30〜      受付開始

14:00〜14:50 基調講演 
         「クリーンルームの保ち方」
          〜すり抜けてきたマルウェアの検知と対処〜
          S&J株式会社
          代表取締役
          三輪 信雄 様

14:50〜15:00  休憩

15:00〜15:50  環境変化に後れをとらない企業のセキュリティ施策
          マクニカネットワークス株式会社
          技術統括部 セキュリティサービス室
          室長代理
          野中 一希

15:50〜16:00  休憩

16:00〜16:50  「万が一を想定したセキュリティ投資」
          〜ファイア・アイだから提供できる標的型攻撃対策とは〜
          ファイア・アイ株式会社
          技術本部
          コンサルティング システムズ エンジニア
          中村 悠

16:50〜17:00  質疑応答

 
備考  

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

お問合わせ

FireEye イベント運営事務局 
 FAX:03-5259-5440
E-mail:event02@nkag.co.jp